日本車で最も人気のある車種について

車種の分類の仕方について

日本車で最も人気のある車種について 運転免許証の分類と同じの道路交通法による車両分類では、車種は自動車と原動機付自転車の2種類になります。自動車は3輪以上と2輪車に大別され、その下にさらに細かく区分がなされています。車種の分類には、この道路交通法による車両分類のほかに、車検証に記載されている道路運送車両法による自動車の分類もあります。そのほかにも交通量調査に使われるナンバープレートの番号による車種もあります。ナンバープレートの番号とはこの場合、ナンバープレートの地名横の数字である車種番号のことです。

交通量調査に使われるナンバープレートによる車種では、番号3、5、7なら乗用車、番号2ならバス、番号4、6なら小型貨物車、番号0、1、9なら大型貨物車、二輪車ならもちろん二輪車となります。ナンバープレートは、正式には自動車登録番号漂又は車両番号漂という名前になりますが、今は英語から来たナンバープレートの方が圧倒的に使われています。このナンバープレートで、車種、用途、使用者、所有者の名前と住所が分かるようになっていますので、税金や保険料や有料道路通行料などはこれをもとに計算されています。ナンバープレートが付いていないと、違法になるので、公道では運転する事が出来ませんから注意しましょう。

PICK UP! サイト情報